Warning: touch(): Unable to create file /home/keisuha/den-gaku.net/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/0b1ce2619f166f2704ee6fe7395bbaf0e5056920fecb5e3c42010b8ea775da08.jpeg because No such file or directory in /home/starforever/den-gaku.net/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2038

Ado(歌い手)のバンド時代の画像や音楽経歴と楽曲一覧を調査

adoのバンド時代の画像


Warning: touch(): Unable to create file /home/keisuha/den-gaku.net/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/0b1ce2619f166f2704ee6fe7395bbaf0e5056920fecb5e3c42010b8ea775da08.jpeg because No such file or directory in /home/starforever/den-gaku.net/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2038

今回は、歌い手として知られているAdoさんについて、いろいろなことを見てまいりたいと思います。

さまざまな媒体において、音楽活動を展開して来ていたという、Adoさん。

はたして、そんなAdoさんとは、どのようなプロフィールの持ち主だったというのでしょうか。

ここでは、Adoさんのプロフィール、音楽経歴を始め、これまでに発表してきた楽曲の一覧を確認してまいりましょう。

一方、Adoさんといえば、バンド時代についても話題になっていましたので、バンド時代の画像についても、ピックアップしていきたいと思います。

それではさっそく、こういったAdoさんに関するさまざまな話題について、ご覧ください。

1.Ado(歌い手)のプロフィール

歌い手であるAdoさんは、20021024日、東京都の出身で、20212月現在の年齢は、18歳となっています。

所属していた事務所は、株式会社クラウドナイン。

所属していたレーベルは、ユニバーサルミュージックのVirgin Music

Ado」という芸名は「アド」と読むのですが、本名が何というのかについては、あいにく、まったく明かされていなかったのでした。

なお、「Ado」という芸名は、まだ小学生だったころに、受けた国語の授業にて、狂言の世界に存在しているシテとアドという単語を知って、このうちアドが気に入ったため、ここから採用したという、かなりめずらしいパターンだったのですね。

そんなAdoさんは、歌い手として活動しつつも、現役の高校生でもあったのでした。

ちなみに、小学生だったころには、漫画家かイラストレーターになりたいと思っていたとのこと。

さて、YouTubeにおいて、とくに顕著に活躍を展開していた、Adoさん。

みずからのYouTubeチャンネルにおいては、ミュージックビデオの再生回数が4000万回にも及ぶという、大変な記録を達成していたのですね。

ちなみに、YouTubeチャンネルにおける登録者数は100万人を超えるなど、その影響力は大人も顔負けのものとなっていたのでした。

このようなAdoさんの目標とは、さいたまスーパーアリーナでライブを実施して、場内をみずからのファンによって埋め尽くすというものになっていました。

一日も早く、この夢が現実のものとなればいいですね。

続いては、そんなAdoさんの音楽活動について、どのようになっていたのかを見てまいりたいと思います。

2.Ado(歌い手)の音楽経歴

Adoさんは、2017年に、ニコニコ動画において、クワガタPさんの「君の体温」の歌ってみた動画を投稿したことによって、音楽活動をスタートさせることとなりました。

その後、Adoさんは、友人から誘われたことがキッカケとなって、歌い手のまふまふさんによるワンマンライブのひきこもりでもLIVEがしたい!に参加することになり、刺激を受けることになったのです。

こうして、Adoさんの夢は、かつての漫画家やイラストレーターではなく、歌い手に変わっていったのでした。

そして2019年、Adoさんは、くじらさんの「金木犀」に参加し、以後、たくさんの楽曲にヴォーカリストとして起用されていくことに。

2020年には、jon-YAKITORYさんの「シカバネーゼ」にも参加し、ますます注目されていきます。

やがてAdoさんは、同年に、ボカロPsyudouさんが書き下ろした「うっせぇわ」を配信限定においてリリースしたことによって、メジャーデビューをはたしたのでした。

Adoさんのメジャーデビュー後の楽曲の一覧については、次でご紹介してまいります。

3.Ado(歌い手)の楽曲一覧

上述のとおり、Adoさんは2020年、「うっせぇわ」の配信限定リリースによって、メジャーデビューしました。

それでは、Adoさんのそれ以降の楽曲を確認してまいりましょう。

Adoさんは、2020年には、「レディメイド」。

2021年には、「うっせぇわ(Giga Remix)」、「ギラギラ」と、シングルを相次いでリリースしています。

これらはいずれも配信限定リリースとなっていました。

比較的、ペースが早いため、2021年だけでも、そうとうな活動が期待できるのではないでしょうか。

一方、Adoさんは、参加した他のアーティストの楽曲のほうも、2020年には、jon-YAKITORYさんの「フェイキング・オブ・コメディ feat.Ado」、柊キライさんの「ラブカ? (feat. Ado)」。

2021年には、ミコ吉さんの「Radio Noise (feat. Ado)」となっています。

4.Ado(歌い手)のバンド時代の画像

そんなAdoさんは、その昔、バンド活動もしていました。

メジャーデビュー前、同級生としていたようですね。

バンド名はあまるというものだったようです。

それで、Adoさんは、このバンド時代の画像も話題になっていたのでした。

一部では、別人なのではないかと見られていましたが、仮に同一人物だったら、今と同様、けっこうな美人だといえるのではないでしょうか。

ゆくゆく、このあまるに関する情報も明らかになってくればいいですね。

Adoさんは、歌い手としてもアーティストとしても、期待できる人材だったようですね。

まだメジャーデビューしたばかりとはいえ、新曲が楽しみです。

過去の活動を振り返るのとあわせて、Adoさんを見守っていきたいですね。

【参考】
Adoの顔画像が美人すぎ

【流出】Ado(歌い手)の顔画像が美人すぎw雑談たぬきやSNSで顔バレの過去も


大原優乃「うっせぇわ」と感じたこと…共演者・スタッフの一言にチクリ「我慢してほしいな」


Warning: touch(): Unable to create file /home/keisuha/den-gaku.net/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/0b1ce2619f166f2704ee6fe7395bbaf0e5056920fecb5e3c42010b8ea775da08.jpeg because No such file or directory in /home/starforever/den-gaku.net/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2038