二宮愛の経歴|英語力を人気曲で考察|出演テレビ番組を調査

二宮愛の画像

今回は、シンガーソングライターとして活動してきた二宮愛さんについて、特集していきたいと思います。

これまでに、すぐれた楽曲を複数、発表してきた、二宮愛さん。

そんな二宮愛さんのプロフィールとは、いったい、どのようなものになっていたのか、これから確認していきましょう。

さて、二宮愛さんは、英語力のほうでも話題になっていましたので、こちらを発表してきた人気曲で見てまいりたいと思います。

また、二宮愛さんがこれまでに出演してきたテレビ番組についても、あわせてチェックしていきましょう。

それではさっそく、ご覧ください。

1.二宮愛の経歴

二宮愛さんは、199022日生まれで、20211月現在の年齢は、30歳となっていました。

しかしながら、二宮愛さんの出身地がどこだったのかは、明らかになっておりません。

もともと、二宮愛さんは、matthewsというユニットでヴォーカリストとして活動していました。

そして2012年、matthewsとして、アルバム『Girls Like Drama』をリリースしたことによって、本格的な活動をスタート。

このアルバム『Girls Like Drama』に収録されていた「My Place」が、映画『死ガ二人ヲワカツマデ「第二章南瓜花」』のオープニングテーマになって、注目されることになります。

2013年には、「feat. Ai Ninomiya」名義で、FLY COASTというユニットのアルバム『FLY COAST feat. Ai Ninomiya Flight Number 001」』に参加しました。

続いて2014年には、「feat. Ai Ninomiya」名義で、GEMINIというユニットのアルバム『Brand New Addiction』にも参加。

そして、二宮愛さんは、2015年には、パーカッションにキッチン用品を使用するという画期的な試みにもとづいた、カヴァーアルバム『From The Kitchen Corner』をリリースします。

さらに同年には、「feat. Ai Ninomiya」名義で、FLY COASTというユニットのアルバム『FLY COAST feat. Ai Ninomiya Flight Number 002」』に参加しています。

ほかにも、二宮愛さんは、2016年に至るまで、リリー・フランキーさんが主催した「ザンジバルナイト」に、コーラスとして3年間連続にて参加するなど、存在感を発揮していったのでした。

同年には、日本国内のみならず、中国や韓国においても、ライブを敢行しています。

また、同年には、re:plusというユニットと、「R.A. (re:plus×Ai Ninomiya)」名義にて、アルバム『Finding Stride』をリリースしました。

このように、シンガーソングライターとして実績多数だった、二宮愛さん。

が、これらだけではなく、さらに、『スニッファー 嗅覚捜査官』、『ナイトヒーローNAOTO』といったドラマや、アニメ『血界戦線』で、オリジナル・サウンドトラックに参加しています。

また、そんな二宮愛さんは、ドラマでは、『ワイルド・ヒーローズ』、舞台では、『レ・ミゼラブル』に出演するなど、女優としても活動。

ラジオ番組では、『二宮愛の「もっと身近にMUSICAL」』にも出演するなど、シンガーソングライターだけに限られることなく、非常に多岐にわたって活動を展開していたのでした。

2021年も、そんな二宮愛さんのあらたな動きから、目が離せそうにありませんね。

2.二宮愛の学歴

以上、とてもすぐれた音楽活動をみせていた、二宮愛さん。

一方で、出身地が分かっていないこともあって、どこの学校を出ていたのかも興味深いところですよね。

出身地の特定にも関わるでしょうから、調べてみましたが、こちらも出身地とおなじく、不明でした。

matthewsとして、アルバム『Girls Like Drama』をリリースしたのが22歳のときだったことを考えれば、大卒だったのでしょうか?

残念ですが、そのうち、二宮愛さん本人が明かしてくれるのを期待するしかありませんね。

もっとも、二宮愛さんは、次で述べますが、英語力に秀でているため、ひょっとしたら、学校で英語を学んでいた可能性はありそうですけどね。

3.二宮愛の英語力を人気曲で考察

すでに触れましたように、二宮愛さんは、歌唱力のみならず、英語力にも定評があったのでした。

なんと、二宮愛さんの人気曲には、歌詞がみんな英語というものもあって、注目されていたからですね。

作詞力、歌唱力、双方において、英語力もすぐれていたというわけでした。

しかし、その背景を探ってみますと、おどろくべきことが発覚したのです。

なんと、二宮愛さんは父親は日本人ながら、母親がフィリピン人というハーフなのでした。

だから英語に長けていたのですね。

ほとんどネイティブな発音であったことにも納得です。

ということは、生まれがフィリピンという可能性もあったのでしょうか?

4.二宮愛の出演テレビ番組を調査

おしまいに、二宮愛さんが出演したテレビ番組も見ていきましょう。

二宮愛さんは、先述のドラマを除いても、複数のテレビ番組で活躍していたのです。

UTAGE!』、『THE カラオケ★バトル【最強女子ボーカリストNO.1決定戦5】』、『THE カラオケ★バトル【歌の異種格闘技戦13】』に、それぞれ出演していたのでした。

2021年1月8日(金)にはTBSで19:00〜放送の「UTAGE」にも出演。

今後も、二宮愛さんのテレビ出演に期待したいですね。

このように、二宮愛さんは、めまぐるしい働きをしていました。

それだけに、ますますの名曲の誕生を心待ちにしたいところです。

今のような世相だけに、世の中を明るく盛り上げてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。