藤原道山(尺八演奏家)の経歴|演奏動画や出演テレビ番組を調査

藤原道山の画像

この記事では、尺八演奏家として活躍している藤原道山さんについて、ピックアップしていきたいと思います。

数いる尺八演奏家のなかでも、人気の高い存在であった、藤原道山さん。

そこで、藤原道山さんとは、どういったプロフィールの尺八演奏家だったのか、見てまいりましょう。

藤原道山さんといえば、尺八演奏家であるだけに、なんといいましても、尺八の演奏が注目ポイント。

そのため、藤原道山さんが尺八を演奏している動画を、確認していきたいと思います。

藤原道山さんがこれまでに出演してきたテレビ番組についても取り上げてまいりますので、こちらもあわせてご覧ください。

1.藤原道山(尺八演奏家)の経歴

藤原道山さんは、1972710日、東京都の出身で、20211月現在の年齢は、48歳となっています。

「和楽器の貴公子」という異称を持っていました。

わずか10歳から尺八を始めたという、藤原道山さん。

14歳のとき、山本邦山さんに師事して、都山流師範となります。

そしてこれ以降、道山と称するようになりました。

大学卒業時には、皇居で、上皇后陛下や皇族の前で演奏するという、大変な活躍を見せています。

尺八以外に、雅楽、能楽、狂言、囃子、箏曲といったものにも精通していった、藤原道山さん。

大学院修了後、東京芸術大学非常勤講師を経て、2000年には、East Currentというユニットを結成しました。

そして2001年には、アルバム『UTA』をリリースして、本格的な活動を開始。

2004年には、East Currentとしてアメリカツアーを敢行し、2006年には、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演と、藤原道山さんは着実に実績を積み重ねていきます。

2007年には、KOBUDO –古武道というユニットを、2008年には、珠響というユニットを、それぞれ結成しました。

2013年には、ふたたび東京芸術大学非常勤講師となっています。

このように、多彩な才能を発揮していた、藤原道山さん。

これまでに、『yume』、『East Current』、『空 – Ku-』、『壱 ICHI』、『かざうた』、『響 kyo –藤原道山×冨田勲』、『故郷 ~日本の四季~』、『天 ten』、『山本邦山作品集 讃 SAN』、『FESTA』、『季(TOKI)~春~』、『道 -michi- 藤原道山15th Anniversary BEST』、『季(TOKI)~夏~』、『季(TOKI)~秋~』、『季(TOKI)~冬~』、『雙-SO-』といったアルバムをリリースしてきました。

また、藤原道山さんは、たくさんのテレビ番組にも携わっていますが、こちらは後述していきますので、ご覧ください。

これまでの受賞歴は、江戸川区文化功績賞、松尾芸能賞新人賞、文化庁芸術祭優秀賞などとなっていました。

2.藤原道山(尺八演奏家)の学歴

それでは、藤原道山さんの学歴は、どうなっていたのでしょうか。

藤原道山さんの出身校は、小学校は江戸川区立平井東小学校、中学校は江戸川区立小松川第一中学校、高校は東京都立小松川高校、大学は東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業でした。

藤原道山さんは、だから数回、東京芸術大学非常勤講師を務めていたというわけですね。

ちなみに、東京都立小松川高校からは、中村秀昭さん、宇田川清江さん、川中美幸さん、岡寛恵さん、井口保子さん、中村こずえさん、久松夕子さんなど。

東京芸術大学からは、園田高弘さん、片岡みどりさん、小山実稚恵さん、斎藤雅広さん、榊原大さん、坂本真由美さん、塩谷哲さん、杉谷昭子さん、舘野泉さん、外山啓介さん、沼田宏行さん、フジ子・ヘミングさん、本田聖嗣さん、若林顕さん、澤田柳吉さんなどといった著名人が卒業していました。

3.藤原道山(尺八演奏家)の演奏動画

藤原道山さんは、尺八演奏家ですから、尺八の演奏動画も注目ですよね。

そこで探してみたところ、こちらは、たくさん見つけることができました。

おもだったものだけでも、『アメイジング・グレイス』、『春よ、来い』、『武士の一分』など。

「アメイジング・グレイス」は日本語タイトルを「すばらしき恩寵(おんちょう)」といいます。

恩寵とは、「神の慈しみ」という意味のようですね。

この動画では厳かな雰囲気の中、美しい旋律を奏でる藤原道山さんを見ることができるんです。

藤原道山さんに関心を持った方には、視聴することをおすすめしておきたいと思います。

4.藤原道山(尺八演奏家)の出演テレビ番組

さて、先述のとおり、藤原道山さんは、数多くのテレビ番組にも携わっていました。

出演したテレビ番組、それ以外の形でかかわったテレビ番組は、それぞれ、かなりの数に及んでいます。

ここでは、これらを全体的に見ていきましょう。

藤原道山さんの携わってきたテレビ番組は、『和風総本家』、『心の都へスペシャル 栗山千明の極める京都』、『少年時代『東海テレビ開局50周年記念』番組』、『NEWS23』、『シリーズ 伝統芸能の若き獅子たち「一音一会・尺八奏者 藤原道山」』、『ソロモン流』、『風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~』などとなっていました。

これだけをみても、どれだけ藤原道山さんがマルチな人物なのかが分かるというものでしょう。

今後も、藤原道山さんのテレビ番組への出演などにも、おおいに注目していきたいものですね。

藤原道山さんは、とてもすぐれた尺八のプロだったようですね。

学生時代から実力を発揮していたのはおどろきでした。

ますますその才能を生かして、日本に潤いを与えてくれることを願いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。