森村誠一終着駅シリーズ37停年のない殺意のあらすじやキャストと歴代サブタイトルを調査

森村誠一終着駅シリーズ37停年のない殺意の画像

日本を代表するミステリー作家の1人として知られている、森村誠一さん。

さて、これまでにたくさんの作品を発表し、映画化、ドラマ化作品も少なくない森村誠一さんですが、そのドラマ化作品の1つとして『終着駅シリーズ』があります。

その最新作である37作目のドラマ『停年のない殺意』が放送されることになっていますから、楽しみですよね。

そこでドラマ『停年のない殺意』について、見ていくことにしましょう。

ドラマ『停年のない殺意』のあらすじやキャストは、どうなっていたのでしょうか?

また、ドラマ『終着駅シリーズ』の歴代サブタイトルについても、調べてみましたので、ご覧ください。

1.森村誠一終着駅シリーズ37『停年のない殺意』とは

ドラマ『停年のない殺意』は、202141日、20:00~、テレビ朝日系において放送予定。

森村誠一さん原作のドラマ『終着駅シリーズ』の37作目となっていました。

くわしいあらすじは次でご紹介しますが、人情味のある刑事ドラマです。

寡黙な性格ながら、着実に事件の真相に迫っていく、新宿西警察署の刑事・牛尾正直の活躍が描かれていくのでした。

今回、牛尾正直が挑むのは、東京都内の公園において、男性の遺体が見つかった事件。

どのような展開になるというのか、注目ですね。

2.森村誠一終着駅シリーズ37『停年のない殺意』のあらすじ

東京都新宿区の公園にて、会社員の伊庭崇彦が遺体で発見されました。

新宿西警察署の刑事・牛尾正直は、捜査に乗り出し、伊庭崇彦の妹で第一発見者の伊庭晴美から事情聴取をします。

伊庭晴美いわく、伊庭崇彦とは彼のマンションで会う予定だったものの、出てこなかったので、近所を歩いていたら、遺体を発見したとのこと。

しかし、伊庭晴美によれば、伊庭崇彦は、亡くなる前に、電話で、おもしろいものを見せてやると語っていたというのでした。

もっとも、伊庭晴美は、この伊庭崇彦の言うおもしろいものについて、いったい、どういうものだというのかが、全然分からなかったというのです。

はたして、牛尾正直は、事件の真相を暴くことができるのでしょうか。

3.森村誠一終着駅シリーズ37『停年のない殺意』のキャスト

森村誠一さん原作のドラマ『終着駅シリーズ』の37作目のドラマ『停年のない殺意』のキャストを確認していきましょう。

まず、主人公の牛尾正直役は片岡鶴太郎さんが演じていました。

ほか、伊庭悌二役は尾美としのりさん、伊庭頼子役は七瀬なつみさん、伊庭崇彦役は堀井新太さん、伊庭晴美役は山谷花純さん、大上役は東根作寿英さん、山路役は徳井優さん、坂本役は秋野太作さん、市野清明役は国広富之さんです。

片岡鶴太郎さんは、19541221日、東京都の出身で、20213月現在の年齢は、66歳となっています。

これまでに映画では、『異人たちとの夏』、『写楽』、『千年の恋 ひかる源氏物語』、『理由』、『海辺の映画館―キネマの玉手箱』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『太平記』、NHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』、『男女7人夏物語』、『家栽の人』、『仮面ライダードライブ』などに出演してきました。

4.森村誠一終着駅シリーズ37『停年のない殺意』の歴代サブタイトル

37作目のドラマ『停年のない殺意』も楽しみな、森村誠一さん原作のドラマ『終着駅シリーズ』。

その歴代サブタイトルも見ていきたいと思います。

1作目は、『終列車』。

2作目は、『終着駅』。

3作目は、『死刑台の舞踏』。

4作目は、『碧の十字架』。

5作目は、『誇りある被害者』。

6作目は、『人間の十字架』。

7作目は、『街』。

8作目は、『窓』。

9作目は、『駅』。

10作目は、『殺人の花客』。

11作目は、『殺人の債権』。

12作目は、『夜行列車』。

13作目は、『殺人の赴任』。

14作目は、『砂漠の暗礁』。

15作目は、『砂漠の駅』。

16作目は、『壁の目』。

17作目は、『霧笛の余韻』。

18作目は、『破婚の条件』。

19作目は、『死者の配達人』。

20作目は、『砂漠の喫茶店』。

21作目は、『悪の条件』。

22作目は、『殺人同盟』。

23作目は、『死差路』。

24作目は、『終着駅』。

25作目は、『途中下車する女』。

26作目は、『殺意の奔流』。

27作目は、『悪の魂』。

28作目は、『残酷な視界』。

29作目は、『善意の傘』。

30作目は、『殺人の債権』。

31作目は、『殺人の花客』。

32作目は、『殺意を運ぶ鞄』。

33作目は、『ガラスの密室』。

34作目は、『荒野の証明』。

35作目は、『鬼子母の末裔』。

36作目は、『雪の螢』。

そして37作目は、『停年のない殺意』となっていました。

森村誠一さん原作のドラマ『終着駅シリーズ』の最新作とあって、ドラマ『停年のない殺意』が楽しみですね。

はたして、どのような結末を迎えることになるというのか、まったく予想もできません。

202141日には、絶対にドラマ『停年のない殺意』を見逃さないようにしておきましょう。

万が一見逃した場合は、動画配信サービス「TELASA」で配信見込みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。