レディプレイヤー1のキャストと登場人物キャラクターや声優一覧とタイトルの意味を調査

レディプレイヤー1のカバー画像

2018年に公開されたハリウッドのSF映画の話題作といえば、やはり『レディプレイヤー1』をイメージするという方は、少なくないのではないでしょうか。

人類がVR世界を舞台にして、敵と戦っていくという、あまりにも壮大なストーリーなのでした。

いったい、そんな映画『レディプレイヤー1』とは、どのような作品だったのか、これから確認していきましょう。

U-NEXTの31日間無料トライアルのバナー画像

>>無料でレディプレイヤー1を見る|U-NEXT

映画『レディプレイヤー1』のキャスト、登場人物、日本語吹き替え声優たちの顔ぶれは、どういうものだったのでしょうか。

さらに、ここでは、「レディプレイヤー1」というタイトルの意味についても、探ってみました。

それではさっそく、ご覧ください。

1.『レディプレイヤー1』とは

映画『レディプレイヤー1』は、アーネスト・クラインさんの小説である『Ready Player One』が原作。

スティーヴン・スピルバーグ監督作品です。

そのストーリーは、非常に魅力的なものでした。

近未来の地球は、環境問題などによって、すっかり変りはてていました。

人類のほとんどは、すさんだ生活を余儀なくされ、オアシスというVR世界に現実逃避していたのです。

そんななか、オアシスを作ったジェームズ・ドノヴァン・ハリデーの遺言で、ゲームに勝った者には、オアシスの所有権と彼の遺産が与えられることになったのでした。

ゲームにたくさんの者たちが挑むものの、クリアできる者はなかなか現れません。

そんな挑戦者たちの1人だったのが、ウェイド・オーウェン・ワッツという若者です。

一方、オアシスを支配しようとするIOIという企業の社長のノーラン・ソレントは、シクサーズという集団をゲームに送り込んだのですが

どのような結末を迎えるのか、映画『レディプレイヤー1』をお楽しみください。

2.『レディプレイヤー1』のキャストと登場人物キャラクター

続いては、映画『レディプレイヤー1』のキャスト、キャラクターを、それぞれチェックしていきます。

主演は、ウェイド・オーウェン・ワッツ/パーシヴァル役のタイ・シェリダンさんと、サマンサ・イヴリン・クック/アルテミス役のオリヴィア・クックさんです。

ほか、キャストは、ノーラン・ソレント役がベン・メンデルソーンさん。

ジェームズ・ドノヴァン・ハリデー/アノラック役がマーク・ライランスさん。

ヘレン・ハリス/エイチ役がリナ・ウェイスさん。

アイロック役がTJ・ミラーさん。

オグデン・モロー役がサイモン・ペッグさん。

ゾウ/ショウ役がフィリップ・チャオさん。

トシロウ/ダイトウ役が森崎ウィンさん。

フナーレ・ザンドー役がハナ・ジョン=カーメンさん。

リック役がラルフ・アイネソンさん。

アリス役がスーザン・リンチさん。

レブ役がレティーシャ・ライトさん。

カレン・アンダーウッド・モロー/キーラ役がパーディタ・ウィークスさん。

短髪シクサー研究員役がジェームス・ドライデンさん。

そして女性シクサー研究員役がロナ・モリソンさんでした。

ウェイド・オーウェン・ワッツは、主人公の少年。

サマンサ・イヴリン・クックは、ヒロイン。

ノーラン・ソレントは、IOIの社長。

そしてジェームズ・ドノヴァン・ハリデーは、オアシスの開発者です。

3.『レディプレイヤー1』の声優

そんな映画『レディプレイヤー1』は、日本語吹き替え声優は、どういった顔ぶれになっていたのでしょうか。

主人公のウェイド・オーウェン・ワッツ/パーシヴァル役はKENNさん。

サマンサ・イヴリン・クック/アルテミス役は坂本真綾さんでした。

ほか、キャストは、ノーラン・ソレント役は楠大典さん。

ヘレン・ハリス/エイチ役は斉藤貴美子さん。

アイロック役は佐藤せつじさん。

オグデン・モロー役は山寺宏一さん。

ジェームズ・ドノヴァン・ハリデー/アノラック役は後藤哲夫さん。

ゾウ/ショウ役は小林由美子さんと松岡禎丞さん。

フナーレ・ザンドー役は茅野愛衣さん。

リック役は玄田哲章さん。

アリス役は高島雅羅さん。

レブ役は不明。

カレン・アンダーウッド・モロー/キーラ役はよのひかりさん。

短髪シクサー研究員役は三ツ矢雄二さん。

女性シクサー研究員役は日髙のり子でした。

なお、トシロウ/ダイトウ役については、もともと、演じている日本の俳優の森崎ウィンさん本人の声となっています。

4.『レディプレイヤー1』のタイトルの意味

さて、奇抜なストーリーで高評価を得た映画『レディプレイヤー1』ですが、このタイトルの意味も、なんなのか知りたいところ。

先述のとおり、映画『レディプレイヤー1』の原作は、アーネスト・クラインさんの小説である『Ready Player One』でした。

この「Ready Player One」とは、実は、昔のゲームセンターのゲームや、テレビゲームで、プレイする時に表示されたメッセージなのでした。

映画『レディプレイヤー1』は、人類がVR世界で展開していくバトル系のSFのため、こうした設定を意識しての命名だったものとみられますね。

映画『レディプレイヤー1』は、既存のSFの概念と異なる、そうとうな野心作といえるでしょう。

目下、続編である映画『レディプレイヤー2』の公開も噂されており、注目が集まっています。

公開されるのか否かは不明ですが、おさらいのためにも、映画『レディプレイヤー1』をぜひ、ご覧ください。