Rin音(りんね)の経歴|レコード大賞新人賞曲snow jamのMV動画ロケ地とジャンル

RIn音の画像

みなさんは、Rin(りんね)さんというアーティストのことをご存知でしょうか?

そこで、この記事では、Rin(りんね)さんのプロフィールについて、確認してまいりましょう。

実は、Rin(りんね)さんとは、『日本レコード大賞』において、新人賞を受賞するという、大変な快挙を達成している、期待のアーティストの1人だったのでした。

そこで、Rin(りんね)さんが、『日本レコード大賞』新人賞を受賞することになった「snow jam」のMV動画のロケ地がどこだったのかを調べてみましたので、さっそく、ご覧ください。

また、Rin(りんね)さんの音楽のジャンルについても、見てまいりましょう。

1.Rin(りんね)の経歴

Rin(りんね)さんは、1998年、福岡県の出身で、2020年現在の年齢は、22歳となっていました。

まだ小学生だったころから、RIP SLYMEBUMP OF CHIKENなどといったアーティストに傾倒していくようになったという、Rin(りんね)さん。

やがて高校生になると、ラップのいわゆるMCバトルに惹かれていき、戦極MC BATTLEに出場しますが、このときは勝利に進むことはできなかったのです。

もっとも、Rin(りんね)さんは、続いて、U-20 MC BATTLEに出場したところ、見事、ベスト8に輝いて、ラッパーとしての道を歩むようになったのでした。

その後、Rin(りんね)さんは、U-20 MC BATTLEにおいて優勝、KMB vol.7において準優勝、さらにチュリトリスワールドにおいて優勝と、快進撃を見せていくことに。

そんななか、Rin(りんね)さんは、ライブショーケースへの出演オファーを受け、本格的にラッパーとして活動していくようになったのです。

まずは、地元である福岡県を拠点として活躍していった、Rin(りんね)さん。

2020年には、配信曲「film drip」をリリースしたことによって、知名度が高まっていき、

YouTubeにおいて、「snow jam」が大量再生されることになりました。

これを受けて、Rin(りんね)さんは、すっかり、ラッパーとして、なくてはならない存在になったというわけです。

また、同年には、初のアルバム『swipe sheep』もリリースしたのでした。

そしてRin(りんね)さんは、とうとう、「snow jam」によって、2020年の『日本レコード大賞』の新人賞を受賞。

この、2020年の『日本レコード大賞』の受賞者は、ほかに、敬称略で、優秀作品賞が、三浦大知、純烈、Little Glee Monster、瑛人、乃木坂46DISH//AKB48、氷川きよし、DA PUMPLiSA

新人賞が、真田ナオキ、Novelbright、豆柴の大群。

特別賞が、Uru、鬼滅の刃、NiziU、松田聖子、米津玄師。

特別国際音楽賞が、BTS

特別功労賞が、梓みちよ、小林信吾、ジャッキー吉川、筒美京平、服部克久、弘田三枝子、前田俊明、丸山雅仁。

最優秀歌唱賞が、福田こうへい。

そして特別栄誉賞が、2020年をもって活動休止となる嵐となっていました。

このように、2020年の『日本レコード大賞』の受賞者は、有名なアーティストが多数で、にぎやかなものですね。

Rin(りんね)さんの今後のさらなるキャリアアップに、おおいに期待しましょう。

2.Rin(りんね)の学歴

こういった経歴の持ち主だったRin(りんね)さんですが、通ってきた学校も知りたいところです。

はたして、Rin(りんね)さんの出身校とは、どこだったのでしょうか。

Rin(りんね)さんの出身の小学校、中学校、高校については、分かっていません。

もっとも、大学は明らかになっていて、福岡工業大学なのでした。

これなら、Rin(りんね)さんの小学校、中学校、高校も、福岡県の可能性が高そうですね。

ちなみに、福岡工業大学の出身者には、横谷雄二さん、岩永洋昭さん、園田勇さん、早川実さん、長松純明さん、西村俊二さん、冨岡鉄平さん、森愛一郎さんなどがいました。

3.Rin(りんね)のレコード大賞新人賞曲snow jamMV動画ロケ地

さて、Rin(りんね)さんは、2020年の『日本レコード大賞』で、「snow jam」によって新人賞を受賞したわけですが、同曲のMV動画も話題になっていました。

いったい、「snow jam」のMV動画のロケ地は、どこだったのでしょうか。

地元で多く活動していたRin(りんね)さんですから、福岡県かと思いきや、実は、栃木県だったのですね。

栃木県日光市の東武鉄道日光線下小代駅、湯ノ湖、戦場ヶ原などなのでした。

近隣にお住まいの方、観光で訪れる方は、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

4.Rin(りんね)のジャンル

このように、ラップで活躍していた、Rin(りんね)さん。

しかし、ラップといっても、さまざまなジャンルがあるでしょう。

Rin(りんね)さんのラップはどういうジャンルなのか興味深いわけですが、ずばり、メロウラップというもの。

文字どおり、メロウなトラックのラップなのでした。

Rin(りんね)さんに関心がある方は、メロウラップもチェックしてみてはいかがでしょうか。

Rin(りんね)さんは、新人ラッパーのなかでも、熱い視線が集まっているアーティスト。

どこまで成長していくのか、楽しみでなりませんね。

Rin(りんね)さんに影響を受けて、メロウラップを聴くリスナーが増えることにも期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。