ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)の俳優経歴|出演作品一覧と映画ゴーストオブツシマ出演の可能性

ツジダイスケの画像

今回は、俳優として活躍しているツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんについて、特集していきたいと思います。

日系アメリカ人として、海外で俳優活動を展開していた、ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さん。

はたして、そんなツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんの俳優としての経歴とは、どのようなものだったのでしょうか。

ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんがこれまでに出演して来た作品の一覧を、さっそく、確認していきましょう。

また、今、注目されている映画『ゴーストオブツシマ』にツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんが出演する可能性についても、見ていきたいと思います。

それではさっそく、そんなツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんの話題について、ご覧ください。

1.ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)の俳優経歴

ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんは、クウェートの出身で、20213月現在の年齢は、分かっておりません。

父親は建築家という家庭に生まれた、ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さん。

2歳のとき千葉県に引っ越したものの、日本への在住は短く、8歳のときにはアメリカのカリフォルニア州に引っ越しています。

大学卒業後、ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんは、劇団員として活動をスタート。

そして、くわしくは後で取り上げていきますが、さまざまな作品に出演していくことになったのでした。

こうした活躍が認められて、ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんは、ロサンゼルス演劇批評家サークル賞も受賞しています。

国際的な活躍で、本当に見事としか言いようがありませんね。

2.ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)の学歴

それでは、ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんは、これまでどういった学校に通っていたのでしょうか。

ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんの母校は、高校はリオアメリカーノ高校、大学はアメリカンリバーカレッジでした。

リオアメリカーノ高校は、カリフォルニア州サクラメントの公立高校。

アメリカンリバーカレッジは、カリフォルニア州ノースハイランズの公立コミュニティカレッジです。

3.ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)の出演作品一覧

ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんが出演してきた作品には、どういうものがあったのでしょうか?

これまでにツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんは、たくさんの作品で活躍していました。

映画では、『硫黄島からの手紙』、『神の椅子』、『魔法の日没時間』、『ウォッチャー』など。

ドラマでは、『ブラックリスト』、『高い城の男』、『ブロックマイア』、『愛、死、ロボット』など。

舞台では、『イモゲンは何も言わない』など。

さらに、ゲームでも、『獲物:ムーンクラッシュ』、『義務の呼びかけ:ブラックオプス4』、『死の座礁』、『9猿の少林寺』などに出演していたのです。

映画『硫黄島からの手紙』はとくに有名ですから、機会があればぜひ、確認してみましょう。

4.ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)の映画『ゴーストオブツシマ』出演の可能性

そんなツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんといえば、映画『ゴーストオブツシマ』に出演するのかどうかが、大変、話題になっておりました。

映画『ゴーストオブツシマ』とは、プレイステーション4のゲームソフトの映画化作品です。

原作ゲームは、2020年にリリースされて、以後、大人気になっていきました。

その内容は、鎌倉時代の元寇を描くアクションもの。

元軍と戦って生き残ることに成功した境井仁という武士が、冥人となり、元軍から対馬の人々を救おうと奮闘していくという設定です。

史実をもとにした人気ゲームの映画化ということであれば、かなりの興行収入が期待できるのではないでしょうか。

そんな映画『ゴーストオブツシマ』で監督を務めるのは、チャド・スタエルスキ監督でした。

チャド・スタエルスキ監督は、1968920日、アメリカの出身で、20213月現在の年齢は、52歳となっています。

これまでに監督してきた映画は、2014年の『ジョン・ウィック』、2017年の『ジョン・ウィック:チャプター2』、2019年の『ジョン・ウィック:パラベラム』。

ほか、これまでに第二班監督として関わってきた映画は、2011年の『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』、『SAFE/セイフ Safe』、2012年の『ハンガー・ゲーム』、『エクスペンダブルズ2』、2013年の『アフター・アース』、『ハンガー・ゲーム2』、『大脱出』、2016年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、2020年の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』となっていました。

このような映画『ゴーストオブツシマ』ですが、実は、ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんは、これまでに原作ゲームにおいて、顔モデルと声を担当していたのですね。

そのため、過去の映画出演実績を考慮しても、映画『ゴーストオブツシマ』に出演する可能性は否定できないのではないでしょうか。

ぜひ、出演が実現すればいいですね。

以上のように、ツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんは、俳優としてすばらしい活躍を見せていました。

日系人ということもあって、日本人にも親しみやすい俳優であるといえるでしょう。

これからも、そんなツジダイスケ(Daisuke Tsuji)さんのさらなる飛躍に期待していきたいものですね。